In a Car Washing Machine (2020)

English statements are

 on the bottom.

頭の中でひとり言をつぶやくのが好きだ。

浮かれたり悩んだり。

感受性をフル稼働できる毎日は幸せだ。

 

もの思う自分と別れたくない。

いつまでも頭の中でひとり言をつぶやいていたい。

でもそうは問屋が卸さない。

どうも私も漏れなく死ぬらしい。

そうなると、今までの私のひとり言たちは

そもそも存在しなかったものへと変幻するかの如く揮発するだろう。

 

亡くなった親族や友人はみな、ある日突然亡くなった。

当たり前に過ごす時間を急に無にはしたくない。

どうせ死ぬのならば、心の準備はしたい。

 

ある日入った洗車機。

結界のように感じ、自分がオートメーションに乗って焼かれ死ぬ姿を想像した。

死ぬ直前の視界は唐突なものなのだろうか。

焼かれる最中の棺桶の中での所感をリポートすることはできないのか。

 

洗車機の中は暗闇ではなかった。

 

光が差し込んだ。

 

洗車機は、作業が終わると、前を進むよう私の背中を押した。

Ⓒ Mai Ishida

I like to tweet words in my head.

I'm happy every day when I can thrill, worry, and operate my sensitivity. I don't want to break up with myself. I want to tweet words in my head forever.

But roast geese don't come flying into the mouth. Apparently I will die without exception someday. Then my words will volatilize like they do not originally exist. Most of my relatives and friends who died suddenly died one day. I don't want to die suddenly. If I die anyway, I want to prepare my heart. One day I went into a car washing machine.

 

I imagined myself burning and dying automatically in it. Does  my visibility just before death come suddenly? Is it possible to report my feelings in the coffin that is being baked? It wasn't dark in a car washing machine. Lights plugged in. Car washing was finished, and then it pushed my back to go forward.

ヘッディング 3