検索

想い出の歌年表Ⅱ(中学生~19歳)

最終更新: 2018年10月1日



では、引き続き歌の思い出を綴ります。

(上記の悲惨な絵が目立ってしまう。多分、ダダを描きたかったんだと思われる。。)


☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆

【中学生】

その時々のヒット曲を口ずさむ程度で、あまり曲の新規開拓をしていませんでした。

相変わらずゴダイゴと久保田利伸さんの曲ばかりを聴いていましたが。


この頃はピアノの弾き語りに夢中で、よく久保田利伸さんのピアノ曲集を弾いていました。

あと変わり種は、吉幾三さんの『雪国』も弾いていました。前奏の和音連打に痺れていました。


中学生の頃はいじめられっ子だったゆえ、1人ピアノに向かっている時間が多かった気がします。

気を使ってくれたのか、母がクラシックピアノの100曲集レコードとスコアを買ってくれました。その曲集、それはそれはもう頻繁に聴いていました。

己のクラシック好きの根幹を成している気がします。


そういえば、アガサ・クリスティーの推理小説『そして誰もいなくなった』を読み終えたとある日の夜中3時。

あまりに怖かったので、気晴らしにラジカセの再生ボタンを押してみたら、クラシックピアノの100曲集の中に収められているモーツアルトのピアノソナタが流れました。

それを聴いて、自分が呪い釘を打たれているような気持になりました。

こわいいいいいいい!!!

今でもあの曲は、人が順番に殺される曲だというイメージが刷り込まれてます。。


【17歳頃~大学に入る迄】

映画『 ブルース・ブラザーズ』にどハマりしました。サントラの曲、全部好きです。

中でも、アレサ・フランクリンの『Think』がとりわけ好きです。

「ふり~~だああむ!ふり~~だああむ!ふりい~~だああむ! おおふり~~だああむ!!!」と、オーバーラップして歌っていました。


あとは、キャロル・キングですね。

NHKの上級・基礎英語という番組で『 You've got a friend』が紹介されたのを聴いたのが始まりです。こんな風に大事に思える友人が欲しいなあと思いました。

心を満たしたくなる時によく鼻歌で歌っています。


誰かに大切にされたければ、倍以上の思いやりを持ってその誰かを大事すべきと

この曲から教えられたような気がします。


あ、もう1曲。

原由子さんの『MOTHER』という2枚組アルバムにハマっていました。

この中に収録されている『想い出のリボン』という曲が特に好きです。

愛の終わりはどうしょうもない、流れを止めることが出来ない、時は静かに流れる・・という内容です。

私は、時の経過のことが気になって写真を撮っている人間ですが、この曲に感化されているところもあるなあと思います。

ちなみに、この度のグループ展(「Songs」vol.2展 @NADAR) で、この曲のオマージュ写真を撮ろうと構想を練ったのですが、いかんせん説明的/雰囲気ごまかしな写真になってしまったので、選曲を止めました。


もうちょっと年齢を積んでから、また撮り直してみようかな。。


【19歳】

大学に入りました。

大学に入ったら、いっぱい勉強しよう!と思っていた割には、すぐに遊び三昧の生活を送るようになりました(父よ母よ、ごめんなさい。。)


毎日誰かと食事に行ったりドライブに連れて行って貰ったり、カラオケ行ったり。

食べる寝る遊ぶ恋愛バイトのことしか考えていない時代だったので、授業中も雑念でいっぱいで、全くと言っていい程勉強していませんでした。


この頃は友人達が聴く音楽に感化されて聴いていました。

サザン、ユーミン、小室哲哉さんプロデュース曲、ミスチル、ドリカムなどなど。


ところで、19歳の夏休みに、1人暮らし資金稼ぎのために阪●フェリーの住み込みバイトをしたのですが(パスポート代わりになる船員手帳を持っていました)、相部屋のヤンキー正社員の女の子がいつも浜田麻里さんのアルバムを部屋で流していました。


1ケ月間船から降りることもほとんどなく毎日毎日浜田麻里さんの曲を聴いていたので、バイトが終了した後、浜田麻里さん不足状態になり、速攻アルバムを買いに行ったことを思い出しました。


フェリーのバイトはだいぶしんどかったけど(レストラン給仕、ベッドメイキング、掃除、使用済み布団を洗濯移動用船に落とし下ろしなど)、毎日肉と魚の豪華夕飯を食べていたし、従業員用の湯舟の水位が異常な程斜めになっていたのを見たり、海上から流れ星を見たり出来ました。今思えばとてもいい時間を過ごしたなあと思います。


では次回は20代以降の歌の思い出を綴ります。

© Mai Ishida All Right Reserved. 

このサイト内に掲載されている文章、画像等の無断複製・転載を固くお断り致します。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site and text and imagesand sharing other websites are strictly prohibited.