© Mai Ishida All Right Reserved.

Unauthorized copying and replication of the contents of this site and text and images

and sharing other websites are strictly prohibited. 

ゆらゆら(2018)

風味堂「ゆらゆら」へのオマージュ作品)

Ⓒ2018  Mai Ishida

本当の気持ちを素直に表現できずに

愛しい人の背中を見送ったり、大事な友とすれ違ったりした思い出が蘇る。

 

自分自身とばかり会話し、やさしさや愛を抱きしめる力を持つことに警戒していた。

若さに苛立ち、皮を剥ぎたいと思いながら日々を過ごしていた。

 

人生の峠を降下し始める年齢になった今

そんな若さを持てあました自分を懐かしくも愛おしくもある。

 

人生は一度きりだ。

 

何をしようとも、時は優しく流れる。

メトロノームのように連続的に規則的に。

 

この曲は、ゆらゆらと歌い続ける時間が長い。

柔らかなグルーブ、昇華するオクターブ奏法。

川のような時の流れに、自分も身を委ねたくなる魅力がある。

 

今日も流れていこう。

いつか時の流れを離脱する日まで。

(2018.10.03-2018.10.07 「Songs」vol.2展 @NADARにて展示)

 

ヘッディング 3