ゆらゆら (2018)

風味堂「ゆらゆら」へのオマージュ作品)

Ⓒ Mai Ishida

本当の気持ちを素直に表現できずに

愛しい人の背中を見送ったり、大事な友とすれ違ったりした思い出が蘇る。

 

自分自身とばかり会話し、やさしさや愛を抱きしめる力を持つことに警戒していた。

若さに苛立ち、皮を剥ぎたいと思いながら日々を過ごしていた。

 

人生の峠を降下し始める年齢になった今

そんな若さを持てあました自分を懐かしくも愛おしくもある。

 

人生は一度きりだ。

 

何をしようとも、時は優しく流れる。

メトロノームのように連続的に規則的に。

 

この曲は、ゆらゆらと歌い続ける時間が長い。

柔らかなグルーブ、昇華するオクターブ奏法。

川のような時の流れに、自分も身を委ねたくなる魅力がある。

 

今日も流れていこう。

いつか時の流れを離脱する日まで。

(2018.10.03-2018.10.07 「Songs」vol.2展 @NADARにて展示)

 

ヘッディング 3

© Mai Ishida All Right Reserved. 

このサイト内に掲載されている文章、画像等の無断複製・転載を固くお断り致します。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site and text and imagesand sharing other websites are strictly prohibited.